おじさん世代向けHipHop入門講座(その③)飛躍は『ジャンルを超えた組み合わせ』

オッサンの主張
HIP HOP COVER ART
1980年代初期から現在に至るまでの、ヒップホップのレコードカバーの秀作をまとめたデザインブック。 特集として、パブリック・エネミーの首領、チャック・Dの独占インタビューを収録。 これがヒップホップの歴史だ!

Run-D.M.C.のデビュー

ジェイソン・ミゼル(ジャム・マスター・ジェイ)、ジョゼフ・シモンズ(Run)、ダリル・マクダニエルズ(D.M.C.)

レコードデビューにあたり、ジャム・マスター・ジェイの「私服」をグループのアイコンに決定

1983年3月27日

Run-D.M.C.はファースト・アルバム『Run-D.M.C.』をリリース

そこからシングル・カットした『It’s Like That

Unemployment at a record highs

People coming, people going, people born to die

Don’t ask me, because I don’t know why

But it’s like that, and that’s the way it is

It’s Like That』のLyric

It’s Like That.「そんなもんさ」 That’s the way it is.「それが現実だ」

ストリートウェアでステージに上がった初めてのラップグループ

1980年初頭までのラッパーのステージ衣装は「何でもあり」で『過剰装飾』状態(各自が模索していたのでしょう)

ニューヨークのアンダーグラウンド界隈ではBボーイ&Bガールと彼ら&彼女らに憧れたキッズ達などの間でスポーツブランド『adidas』『puma』がストリートファッションのアイテムとして定着し始めていた

Run-D.M.C.は

【『adidas』のトラックスーツとSUPERSTARそしてカンゴール・ハット】

でステージに登場

Run-D.M.C.の登場によって、そこまでのヒップホップ(ラップ)は突如として旧式スタイル『オールド・スクール・ヒップホップ』というジャンルになります

ヒップホップの黄金時代『ニュー・スクール』は一般的にRun-D.M.C.登場以降~90年代中盤」とされています

その後のヒップホップのほとんどが、このRun-D.M.C.の「様式」を模倣していきます

ヒップホップ・R&Bの専門レコード・レーベル『Def Jam Recordings』

デフ・ジャム物語 ヒップホップ黄金時代
ニューヨーク大学、その学生寮の一室からスタートし、ヒップホップの代名詞といっても差し支えない老舗レーベル“デフ・ジャム”。白人の音楽おたく(リック・ルービン)としゃべりがめっぽう上手い黒人学生起業家(ラッセル・シモンズ)のコンビが立ち上げたインディ・レーベルが、ヒップホップの世界を牛耳りることになるとは! LL・クール...

1984年
ラッセル・シモンズRun-D.M.C.ジョゼフ・シモンズの兄)とリック・ルービンがヒップホップとR&Bの専門レコード・レーベル『Def Jam Recordings』を設立

Def Jamが成し遂げた大きな功績は何といっても

ヒップホップを人種の壁を越え世界中に広めた


ラッセル・シモンズ
はカーティス・ブロウをプロデュースしていることでも有名

リック・ルービンと次々に中産階級の才能あるラッパーたちを誘い込みます

第1弾アーティスト:当時16歳の LLクールJ

『I need a Beat』でデビュー(LLクールJの由来は「Ladies Love Cool James」の略)

翌年85年には1stアルバム『Radio』をリリースしてプラチナディスク獲得

女性からの人気がめちゃくちゃ高く、最初にラブソングラップ歌ったと言われている

白人ラップ・グループ:ビースティ・ボーイズ

パーカーを着て野球帽を被ってスニーカーを履くストリート・ファッションこの基盤を作ったのが?ビースティ・ボーイズ

アフリカン・アメリカンが独占するヒップホップ・カルチャーで成功を収めた初の白人ラップ・グループ
元々は”ハードコア・パンク・バンド”であった彼らは完全にヒップホップへ完全移行

LLクールJのような「素肌にゴールドチェーンじゃらじゃら」というイメージから「ポロシャツやパーカーでOK」という感じを与えてヒップホップの裾野を広げた

ラッセル・シモンズの成功哲学―ヒップホップ精神で成功を引き寄せる12の法則
ランDMC、ビースティ・ボーイズ、LL・クール・Jなどをトップスターに押し上げた“ヒップホップのCEO”ことラッセル・シモンズが、やりたい仕事、なりたい自分、憧れの夢をあきらめないで進むための12の法則を伝授! ヒップホップが何よりも好きな、ストリートによくいるゴロツキが、何としてもヒップホップに囲まれた生活をしたくて...

低迷期のJBを救ったヒップホップ

『Mr.Dynamite』『God Father of Soul』『Funky President』
など様々な呼び名で讃えられる

ジェームス・ブラウン(James Brown)】

1970年代は『ディスコ・ミュージック』全盛期で、このブームに完全に乗り遅れてしまった JB

「出口がまるで見えなかった」と後年インタビューで語っているほど70年代半ば以降は低迷期でした

1980年映画『ブルース・ブラザース』に出演

この映画の大ヒットでR&Bブームが起こり、JBは復活に向けて活動を開始

ブルース・ブラザース [Blu-ray]
あの感動との再会を 新たな感動との出会いを ユニバーサル 100周年 ユニバーサル シネマ・コレクション ブルーレイ 黒ずくめのスーパー・クール・コンビ、ジェイク&エルウッドが超ド級の破壊力でシカゴ中を大暴れ!誰も二人を止められない!! 【キャスト】 ジョン・ベルーシ/ダン・エイクロイド/キャブ・キャロウェイ・ジェーム...

1984年
アフリカ・バンバータやってくれました!

Unity – James Brown & Afrika Bambaataa

これでJBは完全復活

1985年
映画『『ロッキー4/炎の友情(Rocky IV)』に出演

1986年
『Living In America』が久々のヒット


世界で最もサンプリングされたミュージシャンは ジェームス・ブラウン

『ファンク・ミュージック』が『ブレイクビーツ』の発明に繋がり【ヒップホップ】へ昇華

JBは【ヒップホップの立役者】で彼が存在していなかったら【ヒップホップ】も存在していなかったかもしれません

JBへの「リスペクト精神」:アフリカ・バンバータのプロデュース力 流石です!


『Funky Drummer』を知らないB-Boy  B-Girlはモグリです(笑)

低迷期のロックバンドを救ったヒップホップ

1970年代半ばに絶頂期を迎えていたエアロスミス
70年代末からドラッグなどの影響でバンドが崩壊して10年近い低迷期を過ごしていました

1979年 ギターリスト ジョー・ペリー脱退
1981年 ギターリスト ブラッド・ウィットフォードも脱退
1984年 エアロスミスは オリジナル・メンバーに戻って8thアルバム『ダン・ウィズ・ミラーズ』をリリース(ヒットせず、、、)

80年代前半には 忘れられたロックバンドに

1975年リリースのエアロスミス3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック(Toys in the Attic)』収録曲
♬Walk This Way♬は『ブロック・パーティー』の定番曲


【Run-D.M.C.】♬Walk This Way♬のリフをサンプルして独自の曲を作ろうと思っていた矢先に

Def jamのリック・ルービンから

「♬Walk This Way♬のオリジナル歌詞と同じリリックでカバーをしたら面白いんじゃないか?」

と提案されます

「いやいや、さすがにロックとラップの融合みたいなのやりすぎだよ!」

と最初は難色を示した【Run-D.M.C.】でしたが
エアロスミスの2人(スティーヴン・タイラーとジョー・ペリー)にもレコーディングに参加してもらうことになりました

【Run-D.M.C.】はエアロスミスのことを詳しくは知らなかったそうです)

1986年
結果的に『ロックとヒップホップを初めて融合させた歴史的な共演』としてなり全米4位の大ヒット

MTVでこのMVが取り上げられたことで、ヒップホップ・ファンにエアロスミスが知れ、ロック・ファンにヒップホップが知れ渡ることになりました

そしてこれをキッカケにエアロスミスの奇跡の復活劇が始まりました

MTVスタート

1981年8月1日 ケーブルテレビの音楽専門チャンネル【MTV】が開設されます

MTVはロックを中心としたポピュラー音楽の重要なプロモーターで、アメリカの大衆文化の推進力として圧倒的な影響力がありました

1988年9月

伝説のヒップホップ専門番組『Yo! MTV Raps』Fab 5 Freddy(*)をホストに迎えてスタート

ヒップホップシーンの形成に大きな役割を担います

(*)Fab 5 Freddy(ファブ・ファイヴ・フレディ)
ヒップホップ・カルチャーのオリジネイターで、もとはグラフィック・ライターでファインアート方面からヒップホップ・カルチャーを知らしめることに尽力

I Want My MTV: The Uncensored Story of the Music Video Revolution
I Want My MTV: The Uncensored Story of the Music Video Revolution

おじさん世代に伝えたいこと

1970年代~1980年代にかけて音楽業界はロック中心で、24時間ロックなどのポピュラーのMVを流す音楽専用チャンネル【MTV】の影響力は絶大でした

Run-D.M.C.ビースティーボーイズはロック・テイストを取り入れ、ストリート・ファッションに身を包むことで、ヒップホップのファン以外を取り込むことに成功しました

ロック・ミュージシャンとのコラボという戦略はヒップホップ全体の認知度を高めました

飛躍の秘訣は世の中をトレンドをキャッチして『ジャンルを超えた組み合わせ』


音楽に限らず「何かを真似て学ぶこと」は『創作の意欲やスキルを高めるために重要』であるという考え方があります

文化の発展は『これまでにないゼロから生み出した場合』にのみ起こるわけではありません
過去の著作物から学んだり利用したりすることで発展していくという場合の方が多いでしょう

著作権者の利益を守るためには一定の条件は必要ですが、「著作権」をガチガチに保護して”がんじがらめ”にしてしまった結果として文化の発展の邪魔をしてしまうことも考えられます

あらゆるビジネスシーンでも同じことが言えます

異文化交流において重要なことは“違いを認めること”です

自分たちとは違う文化が存在することを認め理解することが、異文化交流において大切です

「そんな文化は信じられない」「最近の若者文化はわからん」と思っては他文化の人々とお互いを深く理解し合うことは難しいでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました