ビジネス

音楽

HipHopが人気下降中のRockBandを救いJazzと融合して新しい化学反応が生まれた

イノベーションを生む鍵は「建設的な意見の対立」をいかにつくるかにある。多様な個性を持つメンバーを集め、異質なビジョンを組織全体で戦わせることが不可欠。ただし、各人の認識パターンや行動における志向を互いに理解し合えるような土壌がなくては、個性を潰し合う結果を招いてしまう
ビジネス

両利き経営を目指し「破壊的イノベーション」を期待するならジャズ・コンボ型組織

組織の目的が「従来通りの楽譜通りの演奏」を目指すのならば【オーケストラ型組織】で十分ですが「オリジナル曲で独自色を出す」「新しい音楽を創造する」ことが組織の目的ならば【ジャズ・コンボ型組織】の方が『破壊的イノベーション』が期待できます
ビジネス

VUCA時代のビジネス組織に必要な【インタープレイ】という概念

【インタープレイ】とは?プレーヤーの即興演奏によって他プレーヤーが触発され 同じようにインプロヴィゼーションを返すことで個人間で競合・共鳴・調和を繰り返しながら お互いのパフォーマンスを高め合うことで 組織としての最高のパフォーマンスに結び付ける感性
ビジネス

【GAVI理論②】ジャズ&ヒップホップ・イン・ビジネス・プログラムとは?

ビジネスとアート(芸術)は全く別のものと思われがちですが『アート思考』には様々なビジネス・シーンに応用できる重要なヒントがあります。【J-Hip】は聴覚で確認する『ジャズ』視覚でも確認する『ヒップホップ』を題材にして構築されたビジネス理論です。
ビジネス

【GAVI理論①】ジャズが教えてくれた『潜在意識』がイノベーションの阻害要因

ダイバーシティ豊富な環境では クリエイティブやイノベーションが創造されやすいことは事実ですが そこには様々な コンフリクト(葛藤)を誘発しやすい環境になることも事実 ということをジャズが証明してくれています
ビジネス

【GAVI理論⓪】ジャズにはイノベーションのヒントが隠されていると気がついた理由

ジャズはダイバーシティで創造されたイノベーティブな音楽ですが『差別』『対立』『挫折』『反発』といったことで進化して衰退していった音楽でもあります この歴史を学ぶことによってVUCA時代を乗り切る多くのヒントが見えてきます
ビジネス

VUCA時代のリーダーにはクライシス・マネジメントが重要な理由

昨今の災害時やパンデミックで混乱中の 日本を代表するインフラ企業や政府トップの”リーダーシップが欠如した対応”を目のあたりにして 有事となれば 分析や論理的アプローチは余り役に立たないと感じた感じたと思います。VUCA時代のリーダー像とは?
ビジネス

音楽とファッションから学ぶクリエイティブ・マネジメント(はじめに)

趣味は人それぞれですが 最初は『下手の横好き』であったとしても『好きこそ物の上手なれ』になる可能性は大いに秘めています。分厚い経営理論書を読みながら 睡魔との激闘を繰り返すくらいならば 大好きな趣味を深掘りするのはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました