オッサンの主張

ビジネス

ご存じですか?内戦が続いたコンゴ共和国(Republic of Congo)

「SAPEUR(サプール)」とは?「SAPE」の信奉者や追随者を指す言葉。サプールというスタイルは、コンゴ共和国出身の人々の非常に独特で洗練されたドレスコードを持つ文化。そんなサプールを生んだコンゴ共和国は、どんな国なのか?
ビジネス

知っていますか?平和以外は何でもある世界で最も豊かで貧しいコンゴ民主共和国(~2022年)

1965年、モブツ・セセ・セコは軍事クーデターを起こし、コンゴ民主共和国の大統領に就任。彼の政権下で、コンゴは厳格な一党制を敷き、自身の権力基盤を固めました。 「モブツ主義」または「ザイール化」の時代と呼ばれアフリカ化政策を推進しましたが?
ビジネス

知っていますか?平和以外は何でもある世界で最も豊かで貧しいコンゴ民主共和国(1908年~1965年)

暴動と抗議の後、ベルギー当局は独立に向けての対話を開始して、1960年1月には、ベルギー政府がコンゴの独立を宣言しました。独立後、パトリス・ルムンバが初代首相に就任して、コンゴの民主的で非植民地化された未来を追求しましたが?
ビジネス

知っていますか?平和以外は何でもある世界で最も豊かで貧しいコンゴ民主共和国(~1908年)

1884年~1885年に開催されたベルリン会議によって、ベルギー国王レオポルド2世の「私有地」として承認されて設立されたコンゴ自由国は、大部分が現在のコンゴ民主共和国の領域と一致します。その後、どれほど残酷なことが起こったでしょうか?
J-Hip

「LGBTQ+運動」の起源の一つ『ストーンウォールの反乱』

当時、同性愛は病的なものと見なされ、法的にも禁止されていて、同性愛者は警察によって頻繁に摘発され、差別的な扱いを受けていました。 1969年6月28日の夜、ゲイバー「ストーンウォール・イン」に、突然警察が踏み込み、同性愛者たちを逮捕しようとしました。
オッサンの主張

【中高年メンズ必読】自己変革したいならば”今あるスーツ”を捨てましょう!

自分の『人柄』や『実力』を自分の望むように短期間で変えることは不可能です。他者の自分に対する『印象』を変えて今までの自分とは違う”新しい自分”を他者に見せることは可能です。しかも短期間で簡単に。まず古臭いスーツを捨てて 新しい当世風スーツに変えましょう
オッサンの主張

【中高年メンズ必読】ファッションのヒントになる日本の美意識

「自分自身を表現する」という個性の時代。だからこそ「美意識」は重要な概念です。個人の持つ「個性」をより際立たせ「自分らしく生きる」ファッションのヒントとして「日本の美意識」は手助けしてくれます。
オッサンの主張

【中高年メンズ】ファッションは世代間”価値観”の相違を埋められます

「近頃の若いもんは」「俺たちの若いころは」といった常套文句は【価値観の違い】によって発せられるものでしょう。この価値観の違いを埋められるのは『ファッション談義』です。1990年代ファッション・1980年代ファッションと歴史は繰り返すのがファッション界です。
オッサンの主張

【中間メンズ管理職】TPOに応じたファッションを考えよう

中高年メンズ管理職の皆さん サイズ感のあっていない『古臭いスーツに白いシャツでノーネクタイ』。それがビジネス&オフィスカジュアルファッションですか?自己変革は外面からです。
オッサンの主張

「ただのオッサン」から「粋で素敵なおじさま」へ

このブログは、多くの「ただのオッサン」からの「粋で素敵なおじさま」への変身を目指す為の、各種アイデア・ヒントを提言していくことを目的としてスタートします。 「オッサン」と「おじさん」と「おじさま」 の定義 博報堂生活総合研究所の2020年調...